春の初恋。初夏の夏唄。

なんともロマンチックな名前ですが、2016年の最初に収穫した春のはちみつを「初恋」6月に入ってから収穫した初夏のはちみつを「夏唄」と名付けました♪

左が初恋、右が夏唄

左が初恋、右が夏唄

城町はちみつ養蜂の総監督 深沢サブによると「初恋は、松本の春を思わせる爽やかな甘さと、ふわっと香る春の花々の風味が特徴です。
夏唄は、しっかりとした甘さの中に清々しい風味を感じます。甘みとコクを感じるのに後味はすっきりしてます」と語ります。
色は初恋の方が濃く、夏唄の方が透明です。
これは収穫時期の花の影響で、初恋の収穫時期の方が様々な花が咲いていたのではないかと言うことです。食べ比べると初恋の方が蜜自体の香りが高いそうですが、夏唄はアカシア(多分)の収穫が多くまとまった味で、どんな食べ方でもおいしさを感じると思うようです。

季節が変わると採れるみつも変わる。。。
街中の自然の営みをはちみつを通じて感じることができる、そんなギフトBOXにしたいと思ってます!
ぜひ城町はちみつGiftBoxで食べ比べしてみて下さい!

そして!
このギフトボックスにはファーストスプーンを作る会とのコラボ「ハニーディッパー」が付いてきます!
これがまた素晴らしい♪
普通ははちみつがたっぷり救えれば良いだけのモノなのに、クラフトマンのこだわりで「きっとそのまま口にする人もいるだろうから、唇や舌が当たっても優しいさわり心地になるように仕上げました」という逸品!
ぜひ6月18日(土)にご購入下さい!
城町はちみつGiftBoxは1セット5400円。発売数は限定50セット!お早めに♪

Pocket